2017年

3月

01日

今日は豚の日!!豚しゃぶ食べて、俺を豚とは言わせない

感謝しております。
理論的な解説で瞑想で痩せることをお勧めする
瞑想ダイエットのみやみやこと宮田啓二です。

理論的な瞑想を解説して、あなたのダイエットをお手伝いします。

 

本日3月1日は豚の日だと知っていましたか?
なんで?
3が豚の鼻に似ているから?
違います(笑

1972(昭和47)年にアメリカのエレン・スタンリーとメアリー・リン・レイブ姉妹が、
最も利口で役に立つ家畜のひとつである豚への感謝を込めて制定したとされ
この日はアメリカでは各地で豚の品評会が開催されるようになったのです。

だから本日は豚の日なんですね。


俺を豚と呼ばせない
自分のことを豚と呼ばれると腹立ちますよね(笑
豚はなんでも食べ太っていくんですね
そうしたことから、太っている人に対して悪口として
『豚』と言うようになっていったんです。


豚を食べて豚と呼ばせない
「痩せる」と言うことは簡単ですが、実際に痩せられないから困るんですよね(笑
今回は、豚がテーマですので、豚肉を食べて痩せるお話をしていきますね。


脂肪燃焼の鍵はカルニチン
脂肪細胞にはミトコンドリアがあるのです。
実はこのミトコンドリアで脂肪を燃焼させるのですが
そのミトコンドリアに脂肪を運んでくれるのがカルニチンなんです。


豚肉にはカルニチンが豊富
豚肉に含まれるカルニチンの量は、鶏肉と比べると7倍と言われています。
ですから、豚肉を食べた方がいいのですが、豚肉を食べて痩せた人って聞かないですよね。

 

カルニチンは熱に弱い
実はカルニチンは熱に弱いのです。
豚肉は生では食べられないので、思い切り火を通しますよね。
豚肉に火を通すとカルニチンは死んでしまうのです。


え?豚を生で食べるの?
いやいや、豚を生で食べると、お腹を壊して
下痢で脱水症状になって痩せるかもしれませんが
そんな痩せ方はしたくないですよね(笑

 

痩せる豚肉の食べ方は豚しゃぶがお勧め
豚しゃぶのようにサッと湯通しすると
カルニチンを殺すことなく豚肉を食べる事ができるんですね。
しかも、豚肉についている脂もお湯で落とせるのです。

 

豚しゃぶ食べて、俺を豚とは言わせない
ダイエット中に豚肉を食べたくなったら、豚しゃぶを食べましょう。
しかしここで注意。
沢山食べすぎたら、豚しゃぶだって太りますからね。

 

 

そして最後は、私がお勧めする一番簡単なダイエット方法が『瞑想ダイエット』です。

 

瞑想は腹式呼吸
腹式呼吸で瞑想をすれば、横隔膜がリンパを刺激するので
リンパの流れは良くなるので老廃物が体外へ出やすくなります。
息を吐くときに腸を刺激するので、腸がきれいになり代謝がよくなります。
腹式呼吸で酸素吸入量が増えますので体内で酸化が活発に行われ
これも代謝がよくなります。

 

「瞑想」と言われれば背筋を伸ばすでしょ
瞑想で姿勢を正すことにより、体に正しい姿勢を覚え込ませることができます。
正しい姿勢というのは、筋肉を使いますので、
筋肉にエネルギーが使われるため代謝がよくなります。

無念無想の瞑想はしない
瞑想をしている時に、必ず「ありがとう」などのプラスの言葉を唱えます。
そうしますと、潜在意識が過去の「ありがたかった感情」を思い出し
「ありがとう」の感情を呼び起こします。
そうすると脳内物質であるセロトニンが出ます。
セロトニンが出ることにより、ストレスによる無駄食いを防ぐことができます。

このように、瞑想と言うのはダイエットにもいいのです。