2017年

3月

04日

メタボが解決する瞑想25年の実績から編み出されたダイエット瞑想法

感謝しております。
メタボパパが1年で10㎏痩せたダイエット瞑想法をお勧めする
みやみやこと宮田啓二です。

理論的な瞑想を解説して、あなたのダイエットをお手伝いします。


現在私がお勧めしているダイエット瞑想法ですが
基本は瞑想なんです。
ちなみに私みやみやは瞑想の実績が25年あります。
今回はそのお話をしたいと思います。


親がやっている宗教の会に参加したのがきっかけ
現在私は44歳です。25年の実績という事は十代の時からなんです。
なんでそんなに若いときから瞑想をやっていたのかと言えば
中学の頃に、親がやっている宗教の会に参加させられたことがきっかけだったんです。

 

 

高校の時に真面目に真理の勉強をしてみた
中学の頃に宗教の会に参加してからというもの
その後も誘われるし、暇だったので、チョコチョコと参加していたのです。
そんなある高校の時、ふと真理について真面目に勉強したくなったんですね。

人間って死んだらどうなるのか知りたかった
何故、急に真理について勉強したくなったかと言うと
子供のころから、「人間って死んだらどうなるのか」でずっと悩んでいる子供だったんです。
変な子ですよね。

 

 

「死」の悩みに終止符が打てる
「人間って死んだらどうなるのか」の悩みに終止符を打ちたいのと
親の関係で宗教に関わることになったので
折角の機会だから勉強をしてみようと思ったんですね。

17歳から真理について学び始めた

 


高校生の時から真理について学び始め
その宗教が推薦している瞑想法を始めたんですね。
ですから、正確には27年の瞑想実績になるのです。

 

 

現在の瞑想法は、みやみやオリジナル
高校生の頃から真理の勉強と瞑想をしているのですが、
若いこともあり、当然ながら紆余曲折はありました。
そして、その携わっていた宗教以外の真理の本等も読み、知識を広げていったのです。

 

 

その宗教には依存したくなかった
大抵宗教にはまる人は、「うちの宗教は素晴らしい」と盲目になるのですが
私はそうなりたくはなかったんです。
ですから、その関わっていた宗教以外の話も積極的に聞いていきました。

だって、その宗教に関わって成功した人もいれば失敗した人もいる
宗教にまったく関わらないのに、成功する人だっている。
その本質に迫りたかったからです。
この答えは私の中ではでているので、別に記事でこのブログでも紹介していきます。

 

そんな感じで色々な情報を元に
私が勉強⇒実践⇒勉強⇒実践を繰り返していくうちに
今のみやみやオリジナルの瞑想が出来上がったのです。

 

 

ダイエットは腹式呼吸がカギ
私が、銀座まるかんの健康食品を扱い始めたり
整体の施術をはじめ、健康に意識が行くようになってから
腹式呼吸のすばらしさに気がついたのです。

 

 

意識から腹式呼吸へ
今までの自分がやっていた瞑想は、意識改善が目的でしたが
腹式呼吸のすばらしさを知って、瞑想に腹式呼吸を入れてから
徐々に痩せていったのです。

 

65Kg⇒55Kgへの10㎏ダウン
元々痩せるつもりはなかったので、太ってた時代の写真は撮っていなかったのですが
腹式呼吸の瞑想で、健康を意識したら、勝手に痩せていったのです。
これが、ダイエット瞑想法誕生のきっかけです。

では、何故ダイエット瞑想法は痩せるのかを最後に説明しますね

 

瞑想は腹式呼吸
腹式呼吸で瞑想をすれば、横隔膜がリンパを刺激するので
リンパの流れは良くなるので老廃物が体外へ出やすくなります。
息を吐くときに腸を刺激するので、腸がきれいになり代謝がよくなります。
腹式呼吸で酸素吸入量が増えますので体内で酸化が活発に行われ
これも代謝がよくなります。

 

「瞑想」と言われれば背筋を伸ばすでしょ
瞑想で姿勢を正すことにより、体に正しい姿勢を覚え込ませることができます。
正しい姿勢というのは、筋肉を使いますので、
筋肉にエネルギーが使われるため代謝がよくなります。

 

無念無想の瞑想はしない
瞑想をしている時に、必ず「ありがとう」などのプラスの言葉を唱えます。
そうしますと、潜在意識が過去の「ありがたかった感情」を思い出し
「ありがとう」の感情を呼び起こします。
そうすると脳内物質であるセロトニンが出ます。
セロトニンが出ることにより、ストレスによる無駄食いを防ぐことができます。

このように、瞑想と言うのはダイエットにもいいのです。