2017年

3月

13日

痩せるサンドイッチを見つける三つの法則 本日はサンドイッチの日

感謝しております。
メタボパパが1年で10㎏痩せたダイエット瞑想法をお勧めする
みやみやこと宮田啓二です。

理論的な瞑想を解説して、あなたのダイエットをお手伝いします。

 

本日3月13日はサンドイッチの日だそうです。
「3(サン)」ド「1(イッチ)」の3と1が
313と並べるとふたつの「3」で「1」がサンドイッチになっているため、
3月13日がサンドイッチの日になったそうです。
だから「サンドイッチ」という名前になったわけではありません(笑


元の語源はサンドイッチ伯爵
200年ほど前、イギリスの海軍大将、ジョン・M・サンドイッチ伯爵が
トランプ遊びが好きで、食事をするためにゲームを中断するのもいやだ、
というので、パンの間におかずを挟んだものを作らせ、
それを片手で食べつつ、片手でトランプを続行した、というのが事が
サンドイッチの誕生とも言われています。

 

ダイエットによいサンドイッチを見つけるためには
サンドイッチと言えば、野菜などを挟めますので健康なイメージがありますが
選び方を間違えてしまうと、色々と挟める分カロリーを摂りすぎてしまうのです。
ですから今回は、サンドイッチの日にちなんで、太らないサンドイッチの選び方です。
そんな選び方があるんですよね(笑

 

野菜とタンパク質の両方が入っているサンドイッチ
野菜と卵、野菜と鶏肉、野菜とハムなどのように
野菜とたんぱく質が一緒に入っているサンドイッチは
栄養バランスが整いやすいためダイエットにはお勧めです。

 

マヨネーズ・揚げ物を避けたサンドイッチ
ポテトサラダやツナ・卵サラダのようにマヨネーズで和えたものや揚げ物を使った
サンドイッチは、高カロリーで脂質が多くなりますので
なるべく避けた方が良いと思います。

 

茶色のパンのサンドイッチを選ぶ
茶色のパンとは、全粒粉やライ麦を使ったパンのことです。
これらのパンは、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で
「低GIで太りにくい」「満腹感が持続しやすい」などの特性を持っています。

 

 

食べ過ぎては意味がない
さて、ここで注意をしなくてはいけないのが
折角太らない為のサンドイッチを選んでも
量を食べてしまっては痩せません。
では、食べる量も抑えるには・・・

私は『ダイエット瞑想法』をお勧めしていります。


瞑想は腹式呼吸
腹式呼吸で瞑想をすれば、横隔膜がリンパを刺激するので
リンパの流れは良くなるので老廃物が体外へ出やすくなります。
息を吐くときに腸を刺激するので、腸がきれいになり代謝がよくなります。
腹式呼吸で酸素吸入量が増えますので体内で酸化が活発に行われ
これも代謝がよくなります。

 

 

「瞑想」と言われれば背筋を伸ばすでしょ
瞑想で姿勢を正すことにより、体に正しい姿勢を覚え込ませることができます。
正しい姿勢というのは、筋肉を使いますので、
筋肉にエネルギーが使われるため代謝がよくなります。

 

 

無念無想の瞑想はしない
瞑想をしている時に、必ず「ありがとう」などのプラスの言葉を唱えます。
そうしますと、潜在意識が過去の「ありがたかった感情」を思い出し
「ありがとう」の感情を呼び起こします。
そうすると脳内物質であるセロトニンが出ます。
セロトニンが出ることにより、ストレスによる無駄食いを防ぐことができます。

このように、瞑想と言うのはダイエットにもいいのです。